FC2ブログ

山葡萄

山葡萄の収穫の季節です。

yamabudou3

田舎暮らしの中でも私にとってこの山葡萄収穫と言う作業は
本当に待ちどおしい仕事の一つ。
今年も10月半ばが過ぎました。

子猫の茶々の去勢手術後、それまでは泣き声をほとんど聞いた事がなかったのに
すっかり泣き虫になって抜糸までの一週間「パーオン パーオン」と泣き叫び
ミーの傍からかたときも離れなかった茶々のお陰で
収穫時が一週間ほど遅くなりました。

それでも山の中をダーと車で走るとこれだけの山葡萄をゲット!
今年は粒がデッカイ。

yamabudou2

yamabudou1

収穫した山葡萄を実の部分だけ切り取ります。
はさみを丁寧に入れながら作業します。
我が家の場合はデッキから海を眺めながらゆっくり丁寧に切り取っていきます。
毎年ミーの作業。
「赤毛のアン」の時代に思いを馳せながらの大好きな時間です。
静かに一人のんびりと時間を忘れて過ごせるひと時。

yamabudou5
a>
それをまた一粒づつバラバラにして水で綺麗に洗います。
洗い上がった山葡萄の水分が切れたら瓶に入れてホワイトリカー&氷砂糖に漬けます。

下の画像は3年前に漬けた山葡萄酒。
本当は半年ぐらいで実を採り出した方が渋みが出ないそうです。
でも私は何時も2年ぐらいは実が入ったままにしていますが渋みは感じません。
「葡萄酒だぜ!!」って感じで実に色も綺麗で美味しいです。

yamabudousake

こんなことが楽しくて毎日次々楽しい事いっぱいの田舎暮らし健在です!!

大切な人がいて愛しい動物たちがいて何でもない手仕事が次々傍にある。
時折坂を上って訪れてくれる人たちとお茶をしながら語り笑い・・・
たまにはダーとミー「どっちも譲らない譲りたくないケンカ」も勿論あります。

でもそんな時でもぐっとこらえてそっと小休止。
葡萄色の果実酒を綺麗なグラスに注いで氷と炭酸水で割ります。

「もう いい歳なんだから・・・」
おかしな意地の張り合いも馬鹿馬鹿しくなってしまいます。

果実酒にはそんな魔力があるのかも・・・と思えてなりません・・・。






今日は全国田舎芝居サミットが国東で開催された。
千人位入るホールが珍しく満席状態で
仕方ないから三階の貴賓席みたいなところから観ることに。
真面目ばかりもつまらない。
恥しそうにしている役者が一人でもいると全部がつまらなくなる。
芝居とは役者とは難しいものだな・・・
ダーの結論。
結局練習しないで飛びだすアドリブが一番面白さに繋がるんだよ!
「俺は昔そうだったよ」???・・・?
5時間ずっと真剣に観てきました。



何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村





東の夫と京の妻が一緒になり早12年

もう、ずいぶんのご無沙汰になりましたね。
毎日の田舎移住生活に追われてパソコンの前に座る生活から
すっかり離れていました。
何年もの年月が流れた気がします。

パンケーキでお茶


その間、ビビット来て?熟年再婚に至ったのでしたが
まあ、東男に京女。または京女に江戸男と言うでしょう?
関東のダーに京都のミー。
本当に東と西の文化の違いを痛感するばかりです。

例えば大阪のお好み焼きを認めないダー。
「今夜、お好み焼きにしよっかな?」
「俺、あんなお焼きみたいなものいらね~。放蕩が食いたい」
まさに醤油の東とソースの西。
これって食文化の違いですよね?

「俺、小学校の低学年のころ着物きて下駄はいてたっけ」
「ええ?私は幼稚園の頃、制服着てバスケットにお弁当入れて行った」
あんなこんな事が毎日のように勃発。

気が付いたらかれこれ12年目を迎えています。
どちらも譲らない東西バトルな日々はまだまだ続きそう。
どちらかの体力がなくなるか頭が働かなるその日まで。
それでも仲良く暮らしましょうね。





何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

ミツマタの花

「「ミツマタの花を見に出かけませんか?」
この時期の外出は極力控えているので、どうしたものか?と迷ったのですが
群生しているのは山の中だと言う。
いつ声をかけてもらっても付き合いの悪い返事に気を悪くもせずにまた誘っていただいた。
山の中、車一台がようやく通れるような山道を5キロぐらい入った所に
ミツマタの木が満開の花をつけて群生していた。

IMG_20200311_113052.jpg

ミツマタの群生

IMG_20200311_113047.jpg

ミツマタの群生

「わあ、誘ってもらってよかったわ~こんなに奇麗なミツマタの群生見たの初めて~」
歳も忘れて思わず黄色い声が上がる。

「何だかポップコーンみたいやね?」
一緒に行ったやっちゃんさんが言った。
ほんに、ポップコーンそのものだ。

今年はコロナウイルスの影響で人は山の中の群生地に私たち3人だけだった。
例年、この時期はお祭りも開かれて車を停めるのに苦労するらしい。

「今日はラッキーやったな。コロナもいないやろうし。。。」
歳をとるとなんだか会話もずれてるかい?
でも奇麗な可愛いポップコーンが食べたくなるミツマタの花に
「ああ~、今日は連れて来てもらって良かった~」








何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


鷹の餌付けが日課に加わって

ご無沙汰が続いた「ファンファン村」にもようやく春が来ました。

空は青く海も青く白波も静かです。
お日様はポカポカ。
三匹の猫ちゃんたちは今日も陽だまりを見つけてお昼寝です。
堅い土から太陽求めて顔を出した花たちは思いっきり背伸びしているように見えます。

1584395663501.jpg

ダーは春を待ちに待っていたので大好きな植物の手入れに余念がありません。
「ご希望でしたら敷地の中をお弁当配達しましょうか?」
朝から夕方まであれこれ外で忙しそうです。
「やりたいことが山ほどあって楽しくてしかたないんだもん」

さて私たちお馬鹿夫婦、もしかして鷹の餌付けに成功したかも?
一年位前ですがファンファン村の上を毎日ツガイで鷹が回っていました。
ダーが「何か美味いもんくれい!って言ってるぞ~」
「美味しい物ってどんなもの?
「そりゃあ、鷹だからイノシシの肉とか。。。」
「じゃあ、ここにあるパンでいい?」
「???。。。」
相変らずのチグハグな会話のお馬鹿さん夫婦です。

umikadan

その時はそれで終わったのですが春が来て暖かくなったので
坂道を上がってくる人たちも増えて来ました。
庭でお茶をしていると
「私たちのこと覚えてますか~?」と
二羽の鷹が頭上を輪を描くように廻ります。
「勿論!」
パンケーキを投げるとサーっと両足でつかんで飛んで行ってしまいました。
「お見事!」そう言ってみんなで拍手です♪

それから毎日、朝も昼も夕方も一日に何度も頭の上で餌を求めて廻ります。
鷹も獰猛な鳥なので間違うと大怪我につながりかねません。
ダーが餌置き場を作ってくれました。
一日に何度も餌を求めて来るので「お食事の時間」なるものも決めて
朝夕一回ずつと決めました。
置くとサーと飛んで来て両足で上手に持って飛んで行きます。
時々、鳴き声が聞こえるので「サンキュー」とでも言ってくれてるのでしょうか?
家族が増えたような喜びを覚えています。






何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


























他人事ではありません。コロナウイルス。

暖かくなってサクラソウやクリサンセマムが咲いています。
「春が来たよ~」と

大きな声で叫びたいのに
世の中はコロナウイルスの恐怖にさらされています。
毎日、感染者数はどんどん増えて
「おお~怖い!」

今朝はワイドショーで信じられない事実が流れてきました。
ある感染を告知された男性が
自分の出入りするパチンコ店とか飲食店などに
わざわざ菌をうつしに行ってくると知人に告げて出かけたそうな。
そして行きつけのスナックでは女性を指名して
カラオケに興じているところへ知人が知らせてきて
大騒ぎになり代金返金でお帰りいただいたとか。

「何と言う理不尽なことでしょう」
自分が感染したから面白くないから他人にもうつしてやるなんて。。。
接客を余技なくされた女性はその場で濃厚接触者と判断されたとのこと。
気の毒な話だなあ。

私たちもどうしてもの買い出し以外はオトナシク敷地内で過ごして
外出時はマスクをして帰宅後はうがい手洗いも守っています。
ダー曰く
「やること守ってたらそんなに怖がらなくてもい良いんだよ」
「それにうちは毎日、露天風呂で長湯してるから大丈夫!
菌ものぼせてアッツ!アッツ!って逃げてくよ」
ええ~?そんなことって有りですか???




何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




ダー労働者のお弁当2

ダーの仕事は二カ月間遊んでその後一カ月間働くと言う雇用契約。

田舎暮しを楽しみたくて此処に住み始めたダーにとって
毎日働きに出るのは以ての外。
願ってもない有り難い条件なのであります。

4年前、一人で暮らしていた頃も自分でお弁当を作っていたそうで
「ソーセージ切って入れたりサバの缶ずめ入れたりして毎日必ず弁当作ってたよ」
「すご~い!ダー、一人で頑張ってたんだね~」


               
A・鮭弁当
鮭の塩焼き・卵焼き・こんにゃくの甘辛煮・ピーマン&トマト&ウインナーのピリ辛炒め
さつまあげの甘辛煮・山梨産巨砲・うどんすき
bentou10151

 

前日、九重に行ったので豊後牛を買ってきました。
豊後牛はほんとに美味しいのよね。
日頃頑張ってくれているダーにちょっと奮発してあげました。


B・豊後牛ステーキ弁当
豊後牛焼き肉・トマト&レタス・さつまあげ・ピーマンとハム入り卵焼き・カツオの佃煮・漬けもの
梨&ミカン・焼き栗(会社の愛しき仲間たちが取りやいっこで食べてくれましたって)
bentou10155


bentou10152


bentou10154
              

                
C・焼きうどん弁当
焼きうどん・レタス&ミニトマト・アジのフライ・目玉焼き・巨砲
早朝ご近所さんからいただいたキュウリとマカロニとハムのサラダ
bentou10172


bentou10171

熟年再婚してちょうど4年。
仕事に行く日は一日も休むことなくお弁当作っているミー。
「私にできることは美味しいお弁当作ることぐらいだから・・・」
あ~、こんな素直な自分はやっぱ好きなお弁当作りだからかも・・・






今日は朝から雨降り。一日中静かに降り続きました。
この久々の雨が止んだら急に寒さが進むそうで・・・
暑い汗かく夏もイヤだけど寒い寒い冬もイヤだな~
ネコちゃんたちはほんとのところどうなんだろか?




何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




せいぜい歩こうときめました

二日前の午前5時ごろの我が家からの朝焼けです。
刻々と様子が写り変わって行くのですが・・・・
ダーはひたすらこんな朝陽を拝みながらこの海の傍に暮らしたくて此処に家を建てました。

asayake1015


そして時の過ぎるのも早い。
つい数日前に娘たち夫婦が愛犬を連れて遊びに来たばかり。
まだ楽しく過ごした思い出もきえやらぬのにもう10月も半ばを過ぎた。

「ミー、な? 干し柿吊るしたらこれぞ田舎暮らし!って感じするだろ?」
「俺はこんな田舎暮らしがしたかった」
露天風呂に入りながら吊るしたばかりの渋柿を見上げては言ってます。
今年は立派な渋柿を下さった方のお陰で美味しい干し柿が食べれそうです。

hosigaki1


先輩の友人たちが「60歳を過ぎたらもうあかん!あっちもこっちも色々でてくるよ~」
「なるほど・・・心あたりありますわ」

ここ2年、特に代謝が悪いのか体重激増!
血液検査の結果は異常全くなし。
病院の先生が言われるのには食事のバランスもとても良いそうなのに
「むしろ素晴らしい!」
なのに代謝が年齢とともに悪くなるそうで
体を動かすことが少ない結果そうなってしまっているとか。

「歩きます!」
「ゆっくりウオーキングも始めます!」
「幸せ太り・・・な~んて喜んでいられません!」
あっちがこっちが悪くならないようにしっかり本気で歩こうと決めました。





なんと哀れな茶々のこの姿。
4月に生まれた子猫の茶々の去勢手術も無事に済んで抜糸も良好。

awarenacyacyacyacyakara-

カラーを嫌がって一日中「パーオン・パーオン」と泣いていましたが
ようやくはずしてもらって外へ飛び出して行きました。
我が家にもようやく静寂が戻ってホッ。





何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村



労働者のお弁当4品

朝夕には風が冷たく感じるようになりました。

今季もダーの定期的な仕事が始まりお弁当作りが始まりました。

なぜ、労働者のお弁当と?
実はダーはご飯が好きでしかもご飯の上に何かがのっかってる
お弁当が大好きなんです。

A・海苔巻きおむすび弁当
肉じゃが・椎茸の甘辛煮・卵焼き・イカの天ぷら・ニガ売りの味噌炒め・梨&巨砲
bentou9292

bentou9291





B・塩サバ焼きほぐし弁当ごぼうてんと鶏肉とネギの煮もの・卵焼き・トマトサラダ・梨&みかん
bentou10033

bentou1003




C・豚肉とキャベツの炒め物弁当ササミ&万願寺ピーマン&ソーセージの焼き物・卵焼き・レタス&トマト
bentou10035




D・ホタテの甘辛煮弁当
鯵の南蛮漬け・万願寺ピーマン焼き・卵焼き・ウインナーソーセージ・ハムレタスサラダ・豚肉のうどんすき汁
bentou10039

bentou10037



ミーミが休む間もなく産んだ4匹の子猫の世話に開けくれている毎日です。
うち男の子と女の子の二匹を貰っていただいてホッ。




何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




快晴! 九重・長者原のススキ&大観峰

朝から天気は上々!
日頃から何かと仲良くしていただいているご夫婦と一緒に九重のススキを楽しもうと出かけた。

ダーはこの夫婦が大好きで少々興奮気味!
「ミー コーヒー向こうで沸かして飲むかい?」
「ミー ねー 弁当食べる時の味噌汁も持って行こうか?」

以前、小城観音に行った時、おさむ君がアウトドア用のバーナーで
すごく美味しいコーヒーを入れて飲ませてくれたことがあって
アウトドア派を地で行ってると思っているダーはそれ以来
現地で美味しいコーヒーを沸かして飲むことにしている。

「うん、そうだね~」
熟年再婚も4年も過ぎるとさすが頑固な双方もようやく少々のことは学習して
どう返事をすれば相手が喜び心穏やかに暮らせるかがわかるようになってきた今日この頃です。

さて・・・
九重長者原のタデワラ湿原のススキはこの季節になると銀色に輝いて
風に揺れる様は本当に美しいと見惚れてしまいます。
おまけに快晴!真っ青な空に白い雲が浮いて余計に綺麗です。

それではまずいコメントより画像で楽しんでください。

susuki3

susuki4
susuki2
susuki1sususki11
sususki18


sususki12
<
a href="https://blog-imgs-56.fc2.com/f/u/a/fuanfuanmura/001_20120926051618.jpg" target="_blank">susuki6
susuki8

大観峰です。
あちらを見てもこちらを見ても快晴の中!銀色に輝くススキの平原が続きます。
大観峰を訪れて快晴だったことは初めてでこんなにも360度ぐるっと見渡せたこともラッキーでした。
こちらも画像でどうぞ。
susuki7

sususki13

九重をぐるっと、>一日中、ちょっとばかしボケ?のみこちゃんと突っ込み?のミーで実に愉快っだったな。
漂々としてウイットに富んだ御主人はボソッボソッと話すたびに面白くて笑えてしまう。
ちょっとトンチンカンのダーが拍車をかける。

sususki19

車内は御主人の趣味の一つ、クラシックでモーツアルトが終始流れ
ススキの平原をまたこちらもスイスイ走ります。
何だかダーとの我が夫婦の演歌の世界とちょっと違うぞ~・・・

とにもかくにも「満足~」な楽しい九重&大観峰の一日となりました。
この後、4人はミーにとっては5年ぶりの本物のウナギの蒲焼を求めに
湯の平温泉のウナギの「嬉しの」さんへと向かいました。
一匹2500円! こんなに高くなってるんですね。
天高くミーまたさらに太る秋!
ウナギの話はまた・・・

ダーは何処へ行くのも「オムスビもって行く?」
最近ミーも外で何を食べるより「簡単手作り弁当」が一番美味しいと思うようになった。
やっぱり歳のせいかしら?





何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




曇って残念 九重のススキ

今年も大好きなススキの季節に誘われて九重の長者原付近までのこのこ繰り出して楽しんできました。
毎年9月の終わりごろから10月の前半にかけて飯田高原は銀色一色に輝くのをご存じですか?

24sususki15


本当はもう少し先かと思っていたのですが
行ってみて「良かった!」
もうススキが輝き始めていました!!

24sususki124sususki
24sususki324sususki4

長者原の中の木道の周辺は半分は開いています。
24sususki6

長者原周辺の駐車場です。
まだ紅葉までには少し早いせいか車の数はまばらでしたが
それでも泊まり込みでバーベキューなど盛り上がっている人達がいました。
24sususki824sususki9
24sususki1024sususki11
24sususki1224sususki13

飯田高原は標高900Mの国立公園内にあります。
平地に比べて寒さに強い植物も多く一足早く秋が訪れています。
萩の花も咲いていました。
24sususki14

こちらも長者原の木道周辺です。
銀色に染まったどこまでも広がっているススキの平原です。
この先の方にドライブインのある千町無田へと続いています。
24sususki16

24sususki1724sususki18

こちらも秋を感じさせてくれる山野草たち。
これからやってくる紅葉の季節を静かに待っているのでしょうか。
10月の半ばには飯田高原はそれは美しい紅葉に様変わりです。

24sususki19
24sususki2124sususki23

一本では何でもないススキなのにこれが大群で銀色に染まると
本当に美しい平原と化すのです。
長者原もそうですし牧の戸峠を下って大観望あたりまで車で走ると
「う~ん!最高!!」と思わず感嘆の声が出てしまう程に美しい平原が続きます。

24sususki22




晴れていれば本当に綺麗なススキの平原がみられるんですよ。
ちょっと花曇りで残念でした。カメラのせいもはたまた腕のせいもあるんですぅ。





何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




焼き栗作ったら甘くて美味しか~

下の村人から「栗いりますか?」と電話をもらった。
「欲しいです~♪」
中ザルに山盛りもらちゃった。

yakiguri3
渋皮煮が大好きだけどそれほど大きくないので焼き栗にしました。
直径27センチのIH用のフライパンに山盛りあります。

まずオリーブオイルを大さじ一杯。
(サラダアブラではべとつきますからね)
綺麗に洗って軽く拭き取った栗をフライパンに入れます。
はじめは我が家のIHヒーターでメモリ4でゴロゴロ炒ります。

「ああ~、京都の京極の入り口で炒ってる天津甘栗は美味しかったな~」
な~んてことを思い出したり
次から次から手足に切り傷作ってるダーに
「気をつけないと~」って言ったら
お馬鹿なダーが
「俺、何時も昔からこうだから大丈夫!」だって・・・
などと想いながらヒタスラ栗をゴロゴロ炒ること20分。。

yakiguri2
栗がこんなふうに5~6個ぐらいはじけるようになったら出来上がり!!

これ以上頑張っちゃうと中が空洞になったり
栗がはじけて中身が飛び散って台所で猿蟹合戦を
自分で二役しないといけなくなるので要注意です!

yakiguri1yakiguri
ほら。少し焦げ目も付いて美味しそうに炒り上がりました。
オリーブオイルが適度に艶を出して美味しそうでしょう?

yakiguriniwa
炒りたてならばパチンパチンとツメで皮をむきながら食べます。

冷めたら庭のテーブルに置いて誰でも摘まめるように置いておきます。
郵便やさんが「お、栗ですね」と一つ二つ・・
宅配のお兄さんが「焼き栗ですか~?」と一つ二つ・・・
採れたて野菜を持って上がってくれたおじさんも「今年初物ですわ」って一つ二つ・・
私も傍らを通るとやっぱり手が出てしまいます。二つ三つ四つ・・・

久々の田舎暮らしならではの急がないマッタリ時間が流れる穏やかな時間です。
今年もそろそろ秋ですね~簡単な焼き栗おすすめです。





何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村



ミョウガの味噌あえ

々すっきりした夏が来なくて
風はすこぶる気持ちが良く爽やかに吹くのに・・・

ようやく九州地方も今日梅雨が明けました。ヤッホー

そんなことを想いながら
ふとミョウガの根元に花が咲いているのを見つけ嬉しくなりました。

myouganoha

可愛いでしょう?
葉っぱが大きく茂った根元にまるでタケノコが目を出したように
土の中から少し頭を出して可憐な花弁を咲かせています。
梅雨時のじめじめした季節に一つの待ち遠しい実りです。

myouganohana

我が家の収穫はまだまだこれから。
今日はこれで十分なのであとは明日にとっておきましょう。
この地に来て小さなミョウガの根っこを植えて早四年。
何時の間にか当分の間、毎日十分過ぎる収穫ができるようになりました。

myouga

みずみずしいミョウガをご覧あれ!
我が家のダーは私のオリジナルのミョウガ味噌の和えものが好物。

myougamisoae
>ミョウガを綺麗に洗って縦二つに切ってまた良く水で洗います。
縦に細く切ります。
薄揚げも細切りします。
両方をフライパンで乾煎りします。
酒とみりん少々を加えて
後はお味噌でからめれば完成です。

実に簡単ですが白いご飯に乗っけていただくと止まりませんよ。
少しづつ作るのがコツです。
ミョウガの香りを堪能あれ♪





何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




ちょっと子猫の茶々です 

4月に生まれた子猫の茶々です。

女の子が我が家の残ったのは初めてで
ダーはもうそれだけでめちゃ可愛がっています。

長い手足を持て余しているかのようにいつもこんな格好で
窓辺で長ーく伸びています。
「あたしのこのななーい足 見てちょうだいな」

cyacya13

ワイヤーダックス犬の「のんのんちゃん」のお姉ちゃんたちが
忘れて帰ったぬいぐるみが大好きで寝るときは一緒。

性格は今のところは無邪気なやんちゃさん。
飛んでいるいるハエも茶々に見つかったらそれまでよ~ん。


cyacya12

キャットフードが嫌いで相変わらず牛乳や鶏ミンチしか口にしません。
それも本当に小食。
だから今までミーミが産んだどの子たちよりやせっぽっち。

cyacya14cyacya15
013_20120722141545.jpgcyacya16

ダーが大事にしているカラオケ機材の中で
「此処から音が出てんじゃなあい?」
「んじゃなくて こっち?」
「なんとなくここおちつくんだよね・・・」

あたしこんなに大きくなりました。ありがとうございます






何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


石窯ピザで美味し過ぎてとまらな~い

悪天候の合間の晴れ間にかねてから企画していた熟年女子会を決行!
参加条件は独身・既婚、専業主婦・キャリア組どちらでもOK!.
ただ、一人でも参加できる勇気ある熟年女性に限ることだけ。

何故、一人でも参加できることにこだわるかと・・・?
隣に御近所の仲良しが一緒では本音で思いっきりおしゃべりできません。
あの人もこの人もなくミーを除いて申込み先着9名様。
皆さん「お初にお目にかかりま~す♪」


ファンファン村が用意した今回のメニューはひたすら石窯ピザ!ピザ!ピザ!

一人一枚の割合で各自思うままに好きなようにトッピングしました。


まずは米粉を使用したピザ。
米粉は焼くと少しパリっとした食感になるのと
焼くのに時間がかかるので強力粉の生地に比べて
兎に角、薄く延ばすことが大切ですよ~
生地を延ばして空気を抜いたらオリーブオイルを塗ってからトッピングします。
(米粉・ニガウリ・トマト・柚子・チーズ)
2012071503000000 piza16


大分はタコ漁も盛んです。
漁師さんからその日の収穫を分けていただきます。
(強力粉・ナスビ・ニガウリ・タコ・チーズ)
2012071502490000 piza9

2012071502570000 piza13

オーソドックスにトマトソースがベース。
(強力粉・ナスビ・タマネギ・ピーマン・タコ・チーズ)
2012071502500000 piza10

こちらはちょっと変わってるでしょう?
強力粉にヨモギを混ぜた生地に柚子を加えたサツマイモの甘煮をトッピング。
まるでスイーツで一番人気でした

(強力粉・ヨモギ・サツマイモの甘煮・チーズ)
2012071502530000 piza12

アーモンドとピーナツを混ぜ込んだ生地。
(強力粉・アーモンド・ピーナツ・タマネギ・ナスビ・ニガウリ・タコ・マヨネーズ)
2012071502420000 piza4

2012071502460000 piza7

ベースは味噌ソース味です。味噌味が最高
(強力粉・ズッキーニ・ナスビ・タコ・チーズ)
2012071504090000 piza6

生地にタコのみじん切りを混ぜ込みました。
味噌をベースにした純和風のピザ!
(強力粉・味噌ソース・タコ・ネギ)
2012071112250000 piza2

チーズをトッピングしないまま・・・
こちらも超あっさり系のピザ。
(米粉・タマネギ・ピーマン・タコ・海苔・糸きりカツオ)
2012071502430000 piza3

これが美味しくてやめられない止まらないでもう一枚です。
(強力粉・ヨモギ・サツマイモの甘煮・柚子・チーズ)
2012071502440000 piza5

各自が好きにトッピングしましたが
ナスビにニガウリ。そしてタコ…このタイプが多かったです。
強力粉・ナスビ・ズッキーニ・ニガウリ・タコ・チーズ)
2012071502480000 piza8

今回、以外だったのはトマトもツナ缶もハムも用意していましたが
使った人がいなかったこと。

街場でピザなど珍しくもない方々も居られたことでしょうが
ワイワイガヤガヤお喋りしながらのピザは
またたく間にお腹に収まり最後はどの人も「こんなに食べたの初めて~♪」

ダーはただただひたすら焼きました。
だって今回は初めての熟年女子会でしたからね。

また同時にファンファン村では
熟年婚活アドバイザーとしても女性クライアントを募っています。
将来を考えると一人はさびしい・・・
でも今一歩勇気がなくて踏み出せない・・・
そんな熟年女性のためのアドバイザーです。
合わせてメンタルな御相談もお受けしています。







何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村



真っ赤なスモモとスモモ酒

今年もまたスモモをもらった。

sumomo1

冷蔵庫でギンギンに冷やして食べたら甘くて美味しか~

sumomo2

沢山もらったのでスモモ酒も作りました。
茶々が「何してるのかな?」

sumomo&chacha1

スモモ酒 ホワイトリカー1.8リットル分
毎年作っています。
サイダーで割りたいので思いきい氷砂糖はひかえました。

sumomo3

果実酒は他にもビワ酒・イチゴ酒・梅酒など毎年漬け込みますが
女性が多く集まると喜ばれます。







何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




ウナギが高くて食べられない・・ならば釣っちゃえ!

初めまして。私ファンファン村のダーです。
ブログには初めて書き込む機会を得ました。

梅雨が過ぎると夏ですね。
そうミーと話していたら
「ウナギが食べたい!蒲焼の甘辛い香ばしい臭いがしてきそう~」などと言い始めたもので・・・
中国産は嫌だと言うので
「じゃ、ウナギを釣ってしまおう!」

kabayaki

かくてこんなふうな蒲焼に変身してお腹にめでたく収まりました。

釣りは好きだがウナギは初めて
いや~簡単!簡単!

                  
   ペットボトル500ML(水を半分位)道糸5号30位巻く  
     より止め
     おもり 周動式5~15号20㎝
     おもり止
     4号糸ハリうなぎ針 餌は山みみづ10㎝位がベターちょんがけ

セットしたら投げ込み糸をピンっと張りペットボトルの首にかけておく、後は向こうまかせ。 
何本か仕掛けたら冷えた缶ビールを手に鼻歌 
ボトルがころびミーが釣れたよーて叫ぶ声を聞く。
缶ビールを置き  
ウナギのとりこみ(糸がからみ針に注意)

unagi1

釣れたウナギは外の流しに。

一度に五匹釣れましたが食べきれないから二匹は放しました。
三匹は持って帰って開いて蒲焼に。
本当に旨かったですよ。
実に簡単!
釣り方伝授します。コメント欄に連絡下さい。    ダー







何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村






女らしい東男と脳天気な京女が再婚しまして・・・

ひょんなことがきっかけで人の人生が大きく変わることって本当にあるのですね。
ダー60歳&ミー58歳で熟年再婚してこの夏が来たら丸四年の生活が過ぎます。

東男のダーと京都生まれ京都育ちの京女のミー。
この約四年の生活は果たして東男に京女を地で行けたのか・・・


いいえ~まるで反対です。
家を自力で建ち上げた男ですがある意味とても繊細な性格のダー。
生まれも育ちも京都だけどどちらかと言うと何事も脳天気で大雑把のミー。
その暮しは男と女が逆さまかも~???と思える事の連続です。

例えばと申しますと・・・

oregano
上はミーの友人夫婦が遊びに来た時に頂いた鉢植えのオレガノ。
優しい色合いがはんなりしていて何ともお洒落です。
私ミーは戴いたまま部屋の机の上に置いて飾って
「綺麗ね~ふっこさんは私の趣味わかってるじゃん♪」

な~~んて脳天気なことで満足しておりましたら
イエイエ・・ノーノー
翌日には庭のテーブルの上に飾られていました。
「あれ~何時の間に?」
「な、部屋の和机に置いとくよりこうやってガーデンテーブルに飾った方が良い感じするだろ?
京女のミー「そ、そうですね。全く考えもしませんでした~」

haruo1

こちらは中学時代の先生から成人してからもらったものだとか・・・
それに意味がある物はその時の気持ちも一緒にとても大切にするので感心します。
京女のミー「中学時代 先生大勢いたからね~・・・・」
   
gita-

昔は少しは弾けたそうでまた弾きたくなって中古で見つけてきたギターを
気が付いたらとても遠慮気味にピアノに寄り添って置いてあります。
京女のミー「狭い部屋にちっとも弾かないのに邪魔!~」
ちょっとは女らしく可愛く「練習して弾いて聞かせてね」くらい言えないものか・・・と
ミーも思ってはいるんですが…男のミーが邪魔して言えません(笑)

ajisai6

極めつけはこちらです。
紫陽花がこの季節、屋敷(ちっちゃいです)中にいっぱい咲きました。
中には花が大きくなり過ぎてるのもあって切り花にしておきました。
気が付けばメダカをかっている生けすの中に浮かべてありました。
京女のミー「すご~い発想だわさ・・・」

まだまだ色々あるんですよ。
朝御飯は熱い白いご飯を茶碗に軽く盛って
お味噌汁の味噌は薄い目にして
中の具材はあんまし沢山入れないで楚々とした感じで
おかずは納豆と鮭か鯵の焼いたものと
ミーご自慢のキュウリヌカ漬けが最高!と決めていて
京女のミー「ああ、めんどっちいな~」

natuyasai

その日の採れたて野菜は外で綺麗に泥を落としてくれます。
「はいよ!綺麗になったよ」
京女のミー「あ~りが~たや ありがたや~♪」

kutinasinohana

気が付けばクチナシの花がデッキに飾ってありました。
京女のミー「花が咲いてたんだ~♪」

京都生まれの京都育ちは本当なんですよ。
お好みなら京都弁ではんなりと喋る事もできますよ。
でも性格が京女じゃないってか?

お陰で東男のダーは常に優しく穏やかでよく働き(働き過ぎちゃう?)
そしてダーが秘かに期待した優しいばかりの京女は何処へ落としてきたのか
東男の繊細さにただただ感心するばかりで全く脳天気な日々を送っておりまする。 





ちょこっと子猫の茶々
キャットフードも缶詰も食べないので色々与えて見ても知らん顔。
思い余ってご飯にカツオ節混ぜて見たら美味しそうに食べた。
灯台もと暮しとはこう言う事か?
この子はやっぱり我が家にふさわしい!







何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村





ブルーガラスは海からの贈りもの


海のそばに暮していると海からの贈り物も色々ありますが・・・
これは砂浜で見つけたブルーガラス。

buru-garasu

初めてこの海岸を散歩した時砂の中にキラりと光ったのを見て
そっと取り出してみたら綺麗なブルーのガラスの破片でした。

何処からどうやってこの海岸に流れ着いたのか・・・
何に使われていた瓶なのか・・・
持ち主はどんな人だったのか・・・
その人にどんな物語があったのか・・・

buru-garasukobetu

波にぶつかり岩に砕けてこんなに小さくなって流れ着いたブルーガラス。
お気に入りの形のものを見つけてペンダントやピアスに。
夏のワンピースやシャツルックにはお似合いかも。

buru-garasu1

ゴンタの散歩で拾ったブルーガラスも
いつの間にかこんなに数が増えました。
いつか貝殻と一緒にして都会の小学校に贈ろうと思っています。
潮騒の音と香りを感じてくれるでしょうか・・・





ちょこっと子猫の茶々ですが
ようやく自力で鰹節を少々食べれるようになりました。
水は容器の中に手をつけてはブルンブルン。
牛乳をスポイドで飲ませています。
でもとっても元気です!







何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

手紙を書く輪が広がって

朝から
「もう~まったく~台風が来るぞ~」
「ミー 風が強くなったら部屋の真ん中にデン!と立ってな」
「??・・・??・・・」
「だから さ ね?風が吹いても部屋が飛ばないように立っとくんだよ」
本気顔で話してる呆れた馬鹿なダーです。


さて、近頃はパソコンばかりで文章を打つことが多くて
いざ、手書きをすると漢字が出てこなくて困ることがよくあります。

そこで最近は友人に宛てて手紙を書くようになりました。

tegami1

内容は自分の日頃の他愛のない近況報告なのですが
友人たちもやはり「近頃、漢字が出てこなくなったから・・・」
と返信をくれるようになりました。
中には
「手紙なんて最近はめったに届かなくなったから綺麗な切手貼ってくれていて嬉しい」
と喜んでくれたり
「郵便配達があっても請求書かダイレクトメールばかりだったから嬉しいわ」
「近況は携帯のメールで済んでしまうから手紙届いてびっくりしたけど良い感じだった」
「長い間、切手も買ったことなかったけど色んな切手が売り出されてるんやね~」
「久々に便せんと封筒を買ったけど選ぶのが楽しかったよ」
「今まですっかり忘れてた手紙だけど返事が届くのが待ち遠しくなりました」
「手紙セットや葉書をバッグに入れて持ち歩いてチョコチョコット書いてます」
などなど・・・

中には天下逸品の美しい文字の人がいて
やはり美しい文字はその人と成りを表すって本当だとその人の顔が思い出されてつくづく思う。

比べて私の文字ときたら・・・
初めは丁寧に書き始めるけど調子に乗ってくるとあれもこれもと
書いている間に「丁寧に書く」ことをすっかり忘れてしまいます。

だから・・手紙を書くことにしたのです♪
できるだけ「丁寧に書く」ことを目標にしています。

友人たちも少しづつ周りに手紙を書き始めているようで
時にはお食事に行った先でランチョンマットに敷かれていた和紙や
私の好きなお菓子の包装紙で封筒を作ってくれたり
旅先からの絵葉書も良くいただくようになりました。

この何も特別のことがない平凡な田舎暮らしに
都会からの手紙やはたまた海外からのエアメールは結構素敵なスパイスになってくれます。

何事も携帯メールで済む便利な世の中になっちゃいましたが
ゆっくりその人を想いながら手紙を書く輪が広がっていけばいいなと思います。
貴女もご一緒にいかがですか?






ちょこっと子猫の茶々
「えれ~ことだよ~チャチャってサリンってことだって~」
またダーが叫んでます。
「茶々だよ! 寧々にしとけば良かったか?
もちょっとウチにしては良い名前付け過ぎたかな?」
白い猫フーフはフランソワーズだもんね(笑)
JUNさんにいただいた玩具がとってもお気に入りです。
それにしてもカメラを向けると何時も難しい顔をする茶々です。


cyacya7cyacya8





何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

実習生さん頑張ってね♪

二月にスマホにしようか?はたまたアイパッドにしようか・・・??
迷いに迷って
「こんな田舎暮らしにスマホやアイパッドは必要ないか~」っと
普通の携帯に変えた二人だったが。

二月に替えたばかりなのに
ところが天下のドコモなのにどうもミーの携帯の調子がオカシイ。

通話が終わると画面が真っ黒になり作動できなくなったり
話し声がまるで「こだま」するように二重音声で響いて聞こえたり
充電を一晩してもまるで出来ていなかったり…
思い余ってドコモショップへ持参することにした。

店内では実習生が担当してくれて
一言発するごとに「ありがとうございます」
後ろで先輩社員が小声で一々指導してああだこうだと教えているのだが
辛気臭いことこの上ない。

でも、この実習生が自分の娘だとしたら…と考えると優しくなれるから不思議。

「水にぬらしたことありませんか」「ありません」
「高い処から落とされたことは?」「あります。テーブルから絨毯の上に一度だけ」
「充電中にコンセントを抜いたりしていませんか?」
     「赤いランプが付いている間はありません」

「ではこちらから一度電話をさせていただいてよろしいでしょうか?」
     「いいですよ~何でもしてください」
ダイヤルしても繰り返しダイヤルしても
      また念のためにダイヤルしても呼び出し音が鳴りません。

「あ、鳴りませんね。呼び出しませんね。わかりました」

かくてようやく新しいのに交換してもらえることになりました♪


一年の保障期間が付いているのですが
この場合、修理だと判断されると修理代がかかるそうで
修理してもその後調子が良いとは限らないと聞いたことがあります。
でも交換か修理かはドコモショップの判断にゆだねることになり・・・

今回は絶対交換してもらいたかったし良かった~

でも電池はそのままお使いいただきます・・・だって!
ま、良いか~
そのあたり押せないミーなのよね~

帰って充電したら昨夜のうちに電話とメールがいくつか入っていた。

携帯使って今やプレミアム会員とかいってるけど初めての経験。
日本の製品は完成度が高いからこんなことはまずあり得ないことなのだけど。
たまたまあった本当の話です♪

それにしても空港でもそうだけど新人の教育も大変だよね~
まるでペッタリ後ろにへばり付いて口パクで説明することを教えている。
実習生も苦労だよな。
同じこともう一度話さないといけないから・・・・

頑張ってね。実習生さん!
あなたも何時か黒子になって生き生き自分の言葉で接客できる時が必ず来ますからね~






何時もありがとうございます。
どうかポチっとお願いします(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
プロフィール

fuanfuan

Author:fuanfuan
何がそう導いたのか50代からの勇気ある?熟年再婚。一人で家を建て水を引き畑を耕し庭も作ってしまった。何事にも頑張りやのダー。できれば好きな事だけしていたいノー天気なミー。猫さん三匹。花いっぱい。野鳥やミツバチもいっぱいだよ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR